SHIHAMOワンマンツアー in 名古屋センチュリーホール(4/8)

こんどのSHISHAMOは、「お化けが出るぞー!」

f:id:SM21stc:20180422060844j:plain

春は、ホールツアー、秋はライブハウスツアーが、彼女たちのパターンのようです。

2017春も名古屋ガイシホール(1万人収容)でやりましたが、「明日も」が売れ出した

ばかりなので、そんなに入らなかったと思います。で、今回は3千人収容のホールに

しました。秋のライブハウスも1800人✕2日だったので、今の集客力はまだこれくらい

なのでしょう。会場を出るときも「三重公演のチケットを買えまーす」ってやって

いたので、客集めに苦労しているようです。

で、今回のツアーなのですが、去年の春ツアーのBlu-Rayを観ているような感じで、

ライブハウスの様には騒げませんでした。

しかし、音響は、さすがホールと言うことだけあって、ボーカルの表現力も素晴ら

しかったです。これは、ホールならではの良さです。とにかく音が良い。

彼女たちにとっては、3ヶ月ぶりのライブツアーとのこで、SHISHAMOが1ヶ月以上

ライブをしなかったのは初めてです。

夏もフェス関係も、一切出場せず、スタジアムライブに全てを集中する予定です。

f:id:SM21stc:20180422062648j:plain

と言うわけで、SHISHAMOは、名前を覚えてもらう段階から、レベルアップした

活動に変更のようです。最大の要因は「明日も」の大ヒットで、一気に客が増えたと

言っておりました。紅白にも出られたし、これがターニングポイントとなった様です。

紅白と言えば、

「演奏が終わって楽屋への廊下で振り返ると吉川が号泣してやがんの」

「凄い顔だったねー。初めて見た」といじられておりました。

それほど、彼女たちには特別だったようです。ただ、「明日も」に並ぶ、いや、超える

曲を作っていかなければ、一過性の人気に終わります。でも、まだまだ若いし、曲の

クオリティーは高いので、更なる成長を遂げることでしょう。

秋のライブハウスツアーは、続けてくれるのかな? 心待ちにしています。

それにしても、松岡、「自分のパートは遠慮せず大声を出せ」。これは、ワンマン感の

強いSHISHAMOに3ピース感を出させるスパイスのような効果が期待できるので、

頑張って欲しい。地声が小さいのかもしれないが、その可愛い声は武器になる。

以上、今回の公演の感想でした。

 

SHE’S Tour 2018 “Wandering” in 名古屋ダイヤモンドホール(3/31)

一昨日、キュウソネコカミを観たばかりですが、今年2回目はブレーク間近のSHE’Sです。

会場の中に入ると、女子率が8割。圧倒的に女子に支持されています。それもそのはず、メロディーが素晴らしいんです。スローバラードを基調にしてアップテンポに持って行ったりと緩急自在に操っています。とにかく良曲が多い。

そして、ファンと一緒に歌えるパートも、しっかりと用意してくれています。キュウソみたいに終始ノリノリではありませんが、聞かせてくれるのです。

惜しむらくは、ボーカルの高音の音量が、やや不足気味なことか。そこは彼らも意識しているようでボイストレーニングに通っているとのこと。

途中で入る関西弁のMCとのギャップも魅力の一つでしょう。2時間以上、堪能させていただきました。今後、まだまだ伸びるバンドだと思います。絶対におすすめです。

 

キュウソネコカミ DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018 in Zepp Nagoya(3/29)

「ヤンキー、怖いー」と行ってきました。初めてのキュウソネコカミです。そして、私の今年初めてのライブです。

さすがに年期を積んでるだけありますね。たっぷりと楽しませていただきました。

これぞ正しく、典型的インディーズバンドからの成り上がり。客の上を転がるわ、ダイブするわで、古き良きインディーズ感覚が未だ健在です。一応、名古屋で一番でかいライブハウスのSOLD OUTなので、2000人ぐらい入っているでしょう。

活動歴が長いだけあって、ファンは盛り上がり方を心得ています。いきなり三三七拍子が始まったりで、最初はついて行けなかったのですが、だんだん慣れてきました。

とにかく、最初から最後まで騒ぎまくるのが彼らのライブのパターンのようです。ずっと動いて観ているのが、お約束。体力いりまっせー。関西のバンドだけあって、ノリの良さが違います。

いきなり「タマホーム」を歌い出しましたが、CMで使ってもらっているんですね。そして、4月からNHK Eテレで始まるアニメ「メジャー セカンド」のオープニング曲も担当するとのこと。もしヒットすれば、紅白もありまっせ。今後の活躍が楽しみなバンドが、また一つ増えました。

 

【告知】

もう少ししたら、ブログをはてなから引っ越そうと思います。詳細が決まりましたら連絡いたします。

北風と太陽は何故コートを脱がせたかったのか?

先週、会社で思考法の教育を受けまして、グループディスカッションで

イソップ童話の「北風と太陽」を論理的に分析せよとのお題を受けました。

優等生の社員は、「厳しく当たれば人は反発する。しかし、優しく接すれば、

人は心を開く」とお決まりのロジックを展開します。

しかし、私はそこで待ったをかけました。太陽は、熱線で旅人を暑がらせて

コートを脱がせた。これって、優しさなのか? 暴力の一種じゃないの?

ここから議論は紛糾。

そもそも、この賭け自体が間違っているのでは無いか?

旅人のコートを脱がせるなんて、大きなお世話だろ? 迷惑だろ?

ここで私は、肝心なことが抜け落ちていることを指摘。

「コートを脱がせる手段ばかり議論しているが、コートを脱がせる目的が

何なのか分からなければ、的外れな議論となる。そもそもなんで脱がせるの?」

ここで皆、黙ってしまいました。

しかし、ある人が画期的な理由を思いつきます。

「旅人は、きっと女性だったんだ!だったら脱がせたくなるのが男の下心だろ」

なるほど、スケベ心が目的だったのか?なんて奴らだ!

ここで議論はタイムアップ。

先生の解説は、北風は愚か者の象徴。太陽は賢者の象徴。コートの外見だけで

判断した北風に対し、何故コートを着ているのか(寒いから)、内面まで判断した

太陽の方が賢かった。

しかし、北風は愚か者で、太陽は賢者は理解できたが、そもそもこの賭けに乗った

こと自体が北風の愚かさだったのでは? 風でコートを飛ばされた人なんて聞いたこと

無いぞ。(洗濯物ならいざ知らず) 汚い太陽の策略に、まんまと引っかかったことが

愚かだったのでは? 太陽は優しさの象徴のようなお話だが、騙されてはいけない。

汚い野郎、これが太陽の正体だ。

「とよた まゆこ」で川柳を作ろう!

今日の職場ニュースで、うちの社員が全国の安全川柳に入選しました、との一報あり。

見てみると、ご丁寧にも、おばさんが職員を罵倒しているイラスト付きで

「ちがうだろ 安全呼称の 棒読みは!」

安全呼称というのは、職場の朝礼や中礼で

「ひとつ、機械が止まったら、すぐに上司を呼ぶ」のようなことを皆で声出しする

ことですが、こちらの「まゆゆ」は、未だにインパクトがあるようです。

これは、下の句でも使えます。

「もり友の 真犯人は ちがうだろ!」とか。

こんなのもいけそうです。

「おやじギャグ 滑るよ寒いよ このハゲーッ!」とか。

いやぁ、未だに入選作品に選ばれるなんて、この人が凄すぎたのでしょうね。

皆さんも、インパクト狙いで出してみては、いかが?

閃き!必殺の株式投資法

楽天証券主催の投資セミナーなるものに初めて行ってきました。

周りは爺婆ばっか。こいつら金もってんな。もっと増やそうと強欲だな。

19年に暴落があるかもと言ってたので、そこで大損こけと思いながら

話を聞いておりました。セミナー自体の内容には不満が無かったのですが、

所詮は専門家の見解。

「専門家に聞くより投資家に聞け」が株のセオリーであります。

で、本題なのですが、タイトルの「必殺株投資法」なるものを閃きました。

 

先週末、風邪がひどくて寝込んでしまい、早く治して会社に行かねばと

布団の中で安静にしていたのですが、24時間眠るなんて不可能なので

ノートパソコンを布団に持ち込み、株価のチャートを眺めておりました。

今年は株価が上がらない年なので、どうやって儲けようか? メルカリが

6月の上場するから、IPO(人気株は株数よりも購入希望者が多いので、

抽選となる)でどやってゲットしようか? そんなことを思いながら、

ひたすら株価のチャートを眺めていると、ある法則に気づきました。

エンジニア一筋30年。毎日データとにらめっこ。イレギュラーなデータは、

新発見の種になる。そこで磨かれた勘が「ちょっと待て」と叫ぶ。

おかしいときは、「何故?」を5回、頭の中で唱えろ。

会社の同僚に、株に興味を持ってる人が居るので、その話をすると

「ハイリスク、ローリターンじゃん。そんなの誰も手を出さないよ。でも、

もし成功したら、本を出せるよ。成果を逐次報告してよ」

私がトライしようとしているのは、危険で誰も手を出さない乱高下株で

10~20%の儲けを出そうというものです。

乱高下している株は、安くなったら買い、高くなったら売るを繰り返せば、

儲かるのですが、最後は安くなって買った後に、更に安くなって、上がら

なくなり大損をこくのがお決まりのパターンなのです。だから君子危うきに

近寄らず。ライバルが少ない戦場でもあります。

私の編み出した必勝法も、最初は6勝4敗くらいで、かろうじてプラスになる

程度かと思います。しかし、ディープラーニングを繰り返せば、7勝3敗、

8勝2敗と勝率が改善し、効率よく稼ぐことが可能となるでしょう。

しかも、その必勝法、年率10~20%ではないのです。長くて4ヶ月、短け

れば2ヶ月で回収可能なのです。回転率が超早いのが特徴です。

ここで、複利計算をしますね。

1.4ヶ月で20%利益の儲け(税金考慮せず)

  1年で72.8%、3年で415%、5年で1540%

2.2ヶ月で20%利益の儲け(税金考慮せず)

  1年で198%、3年で2562%、5年で23638%

もの凄い数字ですよね。23638%なんて、1万円で236万円儲けること

になります。100万円から始めたら億り人になるのです。

机上の空論ではつまらないので実際に試してみました。先ずは10%の儲けに

設定して、株価の海に放したら、なんと2日後に帰ってきました。

「早っ!本当に上がったの?」と調べると10.16%稼いできました。

ギャンブルで言うところのビギナーズラックでしょうか?

更なる実験検証のため、現在、3匹を20%に設定して放流中。来週、もう一匹

仕込む予定です。さてさて、どうなることでしょうか?

 

株で儲ける人は、大きく分けて2タイプです。

1.デイトレーダー 6枚、8枚のディスプレイとにらめっこしながら、

  毎日神経戦を繰り返す。

2.長期保有型 ウォーレン・バフェットさんが有名ですね。4~5年周期で

  ポートフォリオ保有株比率)を見直す。

 

両極端です。一応、1年くらいの期間で、株価が10倍くらいに大化けしそうな

中小型株、テンバガーを狙っている人も居ますが、これは確実性が乏しいので

IPOを狙っている人と同じようなタイプ。宝くじを買っている感覚のトレーダー

です。運次第です。

 

私が発見した手法は、数週間から数ヶ月で確実に稼ぐ中短期保有型。1と2の

間を狙うニッチな手法です。時間的に余裕があるので、サラリーマンの副業と

しては最適ではないでしょうか? 週末に候補銘柄を選び、平日は10分くらい

チャートをチェックする。買いのシグナル(多くて月数回?)が来たときだけ

手続きが発生しますが、たいした時間は取られない。

 

戦果が挙がったら、専用ブログでも開設しますか。本日、管理人が仕込んだのは

この銘柄。目標売価、2850円。我に続け!ってな感じで大勢をその銘柄に

誘導し、より確実に株価が上がる仕組みを作る。うしししし...

そろそろ株式投資を復活させようか

急上昇し続けていた株価ですが、ここに来て急ブレーキがかかっています。

しばらく様子見を決め込んで、チャンス到来なら打って出ようかと...

先ずは、3/10の楽天証券投資アカデミー@名古屋(無料)に行ってみます。

その頃まで、上昇基調には戻らないでしょう。

私は、デイトレーダーでは無く、じっくり派なので今後の動向を探ってから

挑む予定です。最近の株価は過熱気味なので避けていましたが、潮目が変わる

タイミングのような気がします。

大体、10年に一度バブルが崩壊しているので、もうそろそろ何かあるやも

しれません。バブルが来るまで、優良銘柄でせこせこと稼いで、破裂したところで

一気に勝負をかけるパターンが私の基本戦略。

現在、仕込む優良銘柄と、勝負をかける急成長期待銘柄を選別中。

会社四季報のCD-ROMが今のお友達です。選んでいるときが一番楽しいとき。

しかし、購入してからが、毎日チャートを眺めては、売り時を逃がさない神経戦。

まあ、バブルが破裂した後なら、後は上がるだけなので、お気楽モードに

突入なのですが、上がるのを待つのも「鳴くまでまとうホトトギス」状態なので

やきもきもします。

しかし最近は、テクニカル分析とやらが主流のようで、PERやら、PER、ROE

なんかも覚えておかなければ戦えません。お勉強の毎日です。でも、こんなもので

儲かれば、誰も苦労なんかしませんよ。最後は、やっぱり感と度胸ですね。

ということで、来たれバブル崩壊。景気が低迷する人たちにとっては迷惑な話かも

しれませんが、人の不幸は、蜜の味。逆張りこそが株の必勝法。これは、ハイテク化

されたフィンテックの時代にも通用するでしょう。

決戦の日まで、ひたすら手元の現金を集め、大博打に挑戦だ。